肌のタイプとスキンケア

美肌作りにはスキンケアは欠かせないものです。ですが肌のタイプによってスキンケアの方法も少し異なるようです。肌のタイプには普通肌、乾燥肌、脂性肌、敏感肌とそれぞれのタイプに分けることが出来ます。肌のタイプの見分け方は、就寝中に細胞分裂によって再生された寝起きの頬からアゴの肌状態をチェックします。しっとりした感触で問題がないようなら普通肌、カサカサしてつっぱるようなら乾燥肌、皮脂が浮いてギトギトするようなら脂性肌と分けることが出来ます。

普通肌の人は一見何も問題ないように見えますが、皮膚を保護する皮脂が少ないので、外部刺激にデリケートな一面もあります。特に季節の変わり目や冬の乾燥を受けやすいので、保湿効果の高いヒアルロン酸で水分補給するといいでしょう。

乾燥肌の人は、キメ細かい肌なのですが乾燥して水分が少ないため肌がカサついて荒れ、くすんだり老化を起こしやすいといった特徴があります。肌の水分を増やすのに効果があるのはセラミドといわれる物質です。セラミドが配合された美容液を朝使うと日中の乾燥を防ぐことが出来ます。セラミドと結合した肌の水分はどんな乾燥の中でも蒸発しないからといわれています。脂性肌の人は、水分が多く肌に潤いがあるがけど皮脂量も多いためベタつきやすくニキビができやすい肌です。 このような肌にはビタミンCの補充が大切です。
ミュゼ 100円
特に肌に直接塗ることのできるビタミンC誘導体は、毛穴の開きを予防し肌のコラーゲンを増やす効能があるため、水分と皮脂のバランスを保つことができると言われています。敏感肌の人は紫外線などの外部刺激から肌を守る角質のバリア機能が低下しているので乾燥やかぶれを起こしやすい状態です。このタイプには肌の負担にならないように低刺激性の化粧品を選ぶと良いでしょう。

美肌への第一歩は自分の肌のタイプを知ることから始まるのです。