自宅で出来る爪のケアのやり方

指先って、実はけっこう人目につきやすくて目立つ場所なんです。

綺麗にネイルを塗っていたり、お手入れがきちんとされている指先はやっぱり清潔感も感じられるし、印象がとても良くなります。

いつもいつもお金をかけてネイルサロンに行ってケアしてもらう時間もお金もないという人には、自宅で出来るネルケアセットのツールを使えば、自分でも爪のお手入れをすることが出来ます。

自宅でのケアのやり方は、まずは爪が乾燥している状態の時には、指先をお湯につけてふやかします。乾燥したままの状態でつめを切ったりすると割れてしまったりしやすいので、必ず始めにお湯などにつけてつめを柔らかくしてから爪きりで切るか、やすりをかけて形を整えます。

それから次に爪の甘皮処理をするのですが、指先が乾燥している状態だったら再びお湯につけてふやかします。

そのご、キューティクルリムーバーを爪につけて甘皮を柔らかくしてから取り除きます。このときにキューティクルプッシャーで爪の先から爪の付け根に向けてなでることで取り除くことが出来ます。
ミュゼ Web予約

そしてささくれなどが出来ていたら、ニッパーで丁寧に切り取っておきます。

目の細かいやすりで爪の表面を磨いたら、最後に爪を保湿します。

爪の質が強いか弱いかは生まれつきの要素が強いのですが、ネイルオイルなどを使って爪の保湿を心がけておくことで、爪の弾力を保てるようになります。

ネイルオイルなどで保湿することで爪が割れたり、二枚爪になってしまうのを予防できます。